京福コンサルタント(株)お問合せ

トップ > 業務内容 > 補償調査業務

補 償 調 査 業 務

補 償 調 査 業 務 と は ・・・

土地の測量(用地測量・地籍調査)

測量地域を管轄する法務局等で調査した登記図面及び、登記資料に基づき、各地番の境界を現地で確認し測量することにより、面積の算出など処理を行い必要な諸資料を作成します。

補償調査(土地調査・事業損失・物件調査)

社会資本事業の中で用地の取得が必要となった場合に、主に土地や建物の補償に関するコンサルテイングを行います。事業の有する意義、地域社会及び個人に及ぼす影響の重要性を認識するとともに、諸権利の調整、補償の最適なプランを提案し、事業が計画的に実施されるよう『用地確保』の観点から事業者をサポートします。

業 務 分 類

  • 公共用地取得に伴う損失補償業務
  • 建物、工作物、機械設備、営業補償等の調査、算定
  • 移転補償業務
  • 工事の事前事後調査
  • 土地関係の権利調査と物件調査積算
  • 立竹木調査

主な業務内容


土地調査

土地に関する調査並びに土地境界確認等の業務です。
土地調査部門では、土地の権利者及び図面を調査し、資料作成を行います。
また、その確実な資料から、不明確な境界については、公平なアドバイスを行うことで、
境界確定へと導きます。


事業損失

事業損失に関する調査及び、費用負担の算定業務です。
事業損失部門では、工事の施工前と施工後において、近隣の家屋調査を行い地盤変動等、 影響の有無を確認します。


物件調査

建物、工作物、立竹木等に関する調査及び、補償金算定算定業務です。
物件調査部門では、公共事業の施行に伴い支障となる建物等について、現地調査を行い 厳正且つ適正な移転工法、補償金等を算出します。

ページのトップへ戻る